ポアントでバレエ * シルビアの加工方法

シルビアの加工方法について、アンケートから抜粋しました。
(※ アンケートに登録データがない場合は表示されません)

Florinaつま先のサテンをはがし、まわりをかがる。つま先を踏む。ソールの前半部分にカッターで切れ込みをいれる。ゴムはクロスして、リボンと同じ位置に縫いつける。
Rクラスひたすら叩く
ギャンバ折る
サテントップかかとにゴム
サテントップボックスをつぶす。リボン位置を後ろにつけ直す。
サテントップ裏を折る・ゴムをつける
サテントップソールを柔らかくする。 ヴァンプを踏む。
サテントップおろす前にシャンクをしならせておく
チェリーリボンはアキレス腱がゴムになってるの使ってます。かかとにもゴムつけてます。
チェリー踵にクロスでゴムをつける。
ネオ・チェリー濡らす、ゴム、踏む
ネオチェリーゴムをつけただけ
ネオチェリーボックスを柔らかくしようとした
ネオチェリーかかとと甲にゴム。
ネオチェリー曲げる
フィオレットもとからついてるリボンは位置が合わないので付け直す。
フロリナ踵にゴムを2つ折に縫い付ける。更に、ゴムをその2つ折のゴムに通してクロスにしてリボンが付いている部分より少し前に付ける(リボンだけ通しても踵が脱げにくくなって安定します)
フロリナボックスをつぶす。ゴムをつける。リボンをストレッチリボンに変える。つま先をかがる。
フロリナゴムをつける ポアントパットをつける 柔らかくする
フロリナかかと
フロリナ踵にゴム、リボン。自作のポアントパッド。
フロリナ踵にリボンを二つ折りにしてつけ、そこにサイドのリボンを結ぶ時に通して固定できる様にしています。ハードナー使用。
フロリナ特に何もせずに使用している。
フロリナやわらかくなったらニスを入れる
フロリナ必要に応じて前を糸でかがります。
レザートップ足を入れる前にシャンクをしならせる
舞セシオン特になし
舞セシオンかかとにゴムをつける。
舞セシオン先生にまげてもらう
舞セシオン型崩れを防ぐため、持ち歩き時にシューキーパー使用。レッスンから帰ったらすぐに干して乾燥させます。
舞セシオン足首にゴムをつける。ストレッチトゥリボンに付け替える。
舞セシオン足首にゴムをつける。或いはストレッチトゥリボンに付け替えてます。

バレエ 各種ポアントの加工方法

トウシューズの加工について

☆国内 バレエ メーカー編 ☆海外 バレエ メーカー編

加工に必要な物

トウシューズを加工する場合の参考(youtubeのまとめ)

トウシューズ専用のソーイングセット

【チャコット 公式(chacott)】シューズソーイング糸

【チャコット 公式(chacott)】シューズソーイングセット

【Bunheads】ステッチキットプロ バレエ雑貨(バレエ小物)の通販

トウシューズ専用のかがり糸

★バレエ用品★トウシューズかがり専用のピンク色の糸(専用縫い針付き!)*

▼消耗、滑りから保護出しトウシューズが長持ちで経済的になるポアント保護パッド
グリシコ・ トウシューズ用  ポアント (プラットフォーム) 保護パッド  バレエ用品

トウシューズ用のリボンとゴム

【ヤマトDM便可能120円】ストレッチトウリボン(チャコット)幅24ミリ・2・5m(1足分)05P26Mar16

【チャコット 公式(chacott)】クリアゴム 幅22mm(1足分)

その他のお役立ちアイテム

▼舞台本番用に一つ持っておくと安心出来るリボンストッパー
【チャコット 公式(chacott)】リボンストッパー