スワロウさんがバレエのレッスンで利用した事のあるトウシューズ

選択されているサイズや幅に加えて、バレエのレッスンで使ってみた生の感想をご参考にトウシューズ選びにご活用ください♪

スワロウ さんは『シルビアのフィオレット』のポアントを愛用中

お名前 スワロウ さん バレエ歴 6 年
バレエポアント歴 5 年 レッスンの回数 3 回
足先の形 エジプト型 足の幅 細い
足の甲と足の強さ やや高い、普通 足サイズ 23.5 cm
メーカー チャコット シューズ名称 コード・アロンジェ
サイズと幅24.5 C シャンクソフト
チャコット製で細幅の足に合うポワントはないと思っていましたが、
スワンのC幅が出たと聞いてお店へ。結果、クラウンが高くスワンは合わず。
コード・アロンジェのC幅が1番しっくりきました。
プラットフオームの小ささに驚きましたが、意外にも軸がわかりやすく立ちやすい。しかも土踏まずをぐいっと上げてくれます。
もともとソールにカーブがついているので足裏に沿いやすいのだと思います。
固いかと思いきや、シャンクは柔らかく、ドゥミも通りやすいです。
更新日: 2017-05-12
加工法 
リボンが付いていましたが、位置が合わないので付け直しました。
愛用メーカー シルビア シューズ名称 フィオレット
サイズと幅25 D シャンク4分の3
とにかく軽いです。クラウンが低く見た目グリシコ2007にそっくりですが、BOXが柔らかいのでフィット感がいいです。サイドが浅く甲がキレイに見えます。シャンクは柔らかいので新品ですぐ履けます。音は少しうるさめ。
D幅でも若干幅が緩いのでなじむと指が落ちてくる。トウ先に衝撃吸収剤のシート+綿を入れています。
ちなみに2007は5.5XXでした。
更新日: 2015-04-23
加工法 
もとからついてるリボンは位置が合わないので付け直す。